工場内の排熱を利用し、汚泥含水率を最大60%減容!

お客様のお困りごと

食品工場のF社では、毎日多くの汚泥を排出しています。

F社は汚泥の量が多いだけでなく、汚泥の含水率も80%と非常に高く、

毎年高額な産廃コストがかかっていました。

導入効果

F社は製造工程で多くの熱を使っており、排熱も多く出ていましたので、

工場内の排熱を活用できる汚泥減容装置を導入しました!

汚泥を効率よく乾燥させることができ、元々80%あった含水率が、

20%まで低減しました!

重量も80%低減し、汚泥処理にかかっていた産廃コストも大幅に減らすことができました!

全国の工場の省エネ事例集について

工場の環境・省エネ・設備担当者様限定で、工場省エネ対策.comのこれまでのノウハウが凝縮された「全国の工場の省エネ事例集」を無料進呈いたします。
当サイトに掲載し切れない数多くの事例が詰まったレポートですので、ご興味がおありの方はぜひ以下のバナーよりお申し込みください。

「全国の工場の省エネ事例集」のお申し込みはこちら