工場の脱炭素・省エネのノウハウが満載!無料メルマガ登録

電気炉に遮熱塗装して電力約10%省エネ!燃焼効率が向上した事例

お客様のお困りごと

A社の工場では熱処理の工程で、内部燃焼温度800℃、表面温度160℃に達する浸炭炉を利用していました。
浸炭炉は大量の電力を消費する電気炉で、稼働させるたびにデマンドがギリギリになってしまうため、
省エネが長年の課題でした。

導入効果

そこで、浸炭炉の表面に施工する遮熱塗料を工場に出入りしている業者に紹介してもらい
施工したところ表面温度が100℃未満まで下がりました。
その結果、1日当たりの消費電力量が903kWから818kWへ削減することができ、電気代が約10%削減することができました。

全国の工場の省エネ・コスト改善事例集について

工場の環境・省エネ・設備担当者様限定で、工場省エネ対策.comのこれまでのノウハウが凝縮された「全国の工場の省エネ・コスト改善事例集」を無料進呈いたします。
当サイトに掲載し切れない数多くの事例が詰まったレポートですので、ご興味がおありの方はぜひ以下のバナーよりお申し込みください。

「全国の工場の省エネ事例集」のお申し込みはこちら

関連事例

  1. 断熱塗料により電力量を10%削減できた事例

  2. 炉の遮熱対策で25%の省エネを実現!工場の現場環境改善! | 工場省エネ対策.com

  3. ヒーターの断熱施工で30%の省エネを実現!