工場の脱炭素・省エネのノウハウが満載!無料メルマガ登録

燃料コストを20%以上削減!蒸気ロス低減による省エネ対策事例!【工場省エネ対策.com通信 vol.16】

▼工場省エネ対策.comのこれまでのノウハウが凝縮された「全国の工場の省エネ・コスト改善事例集」を無料進呈中!▼

 

 

 

 

株式会社船井総合研究所が運営している工場省エネ対策.comでは、
日本全国の工場省エネ・脱炭素事例を掲載しています!
今回は「蒸気ロスの低減」ついてご紹介します!

≪実は多くの工場でトラップから蒸気が漏れている≫

皆様の工場では、フロート式、バケット式、ディスク式などのトラップを使われているかと思いますが、
これらのトラップには2つの“デメリット”があります。

“蒸気ロスが50%以上ある”こと“故障が多くメンテナンスコストが高い”ということです。

従来のトラップは、新品状態の時から蒸気漏れを起こしています。
実は、新品のトラップでも、20%程度の蒸気が漏れているのです。
これまで87%、152%、中には269%の蒸気漏れが発生しているケースもありました。

また、稼動部があるためよくウォーターハンマーが起き、壊れてしまい、メンテナンスコストがかかります。

以下でご紹介する事例企業は、蒸気漏れを起こさず、かつ、稼動部がない省エネトラップを採用して、
蒸気の大幅な省エネとメンテナンスコスト削減を実現しています。

≪工場における蒸気ロス低減事例≫

事例(1) ガラス工場A社の事例

ガラス工場A社では、毎月約4,000tの蒸気を使用しています。
同社ではドレンを真空ポンプで還流させていましたが、スチームハンマーが起き、度々故障していました。

蒸気の省エネはもちろんですが、省エネ型のトラップはメンテナンスの手間も削減できると知り、
自社で1か所導入することにしました。

導入してみた結果、スチームトラップを取り換えてからは故障がなくなり、修理費が削減しました!
また、蒸気量は500t~800t削減でき、20%弱の蒸気量が削減できました!

事例(2) 食品工場B社の事例

B社では、特に健康食品の委託製造を行っています。
効率の良い設備稼働を意識していますが、
これまで蒸気の無駄にはまったく気付いていませんでした・・・

そこで省エネ型のトラップをテスト導入したところ、
蒸気ロスを66%低減することに成功しました!

蒸気漏洩の多いトラップから交換し、最終的には全工場のトラップを交換していく予定です!

事例(3) 製薬工場C社の事例

製薬工場C社は、元々フロート式のトラップを使用していました。

他工場で省エネ事例が出ていることを知り、
省エネ型のトラップを自社でもテスト施工してみたところ、なんと蒸気ロスが79.8%も低減しました!

金額にすると年間168万円もの損失を減らすことが出来ています!

さいごに

蒸気ロスは意外と見落としがちな省エネのポイントです。
皆様の工場でも一度、蒸気漏れしていないか、メンテナンスコストが高くないかを
ぜひ、見直していただければと思います。

また、ほかにもボイラの省エネ事例をWEB上でご紹介しております!

工場省エネ対策.com :
https://shouene.funaisoken.co.jp/

▼工場省エネ対策.comのこれまでのノウハウが凝縮された「全国の工場の省エネ・コスト改善事例集」を無料進呈中!▼