廃棄物の省エネ・コスト改善特集

廃棄物の省エネ・コスト改善特集

真空乾燥機

真空乾燥機を活用することで脱水ケーキや廃液を40℃~50℃の低温で脱水・乾燥させる

庫内を真空状態にすることで沸点を降下させて、真空ドラム方式で汚泥・廃液を攪拌させながら低温(40℃~50℃)での蒸発を可能にする。
その結果、燃料(蒸気)を削減できる。
なお、真空ポブロワを使わない高速水流システムにより真空を作り出す(エジェクタ方式)。
蒸発した水分は冷却して蒸留水として回収する。
真空ドラム方式なので、臭気漏れがない

連続投入・自動運転
低速ドラム回転方式:1分間1回転

排プラ破砕洗浄機

食品残渣等が付着した廃プラスチック(軟質系プラ)を洗浄して有価相当にして廃棄物コストを削減する

廃棄物として排出している廃プラの削減・産廃コスト削減

廃棄物として排出している食品残渣等が付着した軟質系廃プラを破砕⇒洗浄⇒乾燥させる専用システム。
有価相当の廃プラにすることで廃棄物コストを削減できる。
廃プラを破砕⇒洗浄⇒乾燥させる工程に要する時間はわずか数秒。
排水も少なく排水処理に負担をかけることはない。
廃プラの販売先もコミットする。

全国の工場の省エネ事例集について

工場の環境・省エネ・設備担当者様限定で、工場省エネ対策.comのこれまでのノウハウが凝縮された「全国の工場の省エネ事例集」を無料進呈いたします。
当サイトに掲載し切れない数多くの事例が詰まったレポートですので、ご興味がおありの方はぜひ以下のバナーよりお申し込みください。

「全国の工場の省エネ事例集」のお申し込みはこちら