炉・ヒーターの省エネ技術特集

炉・ヒーターの省エネ技術特集

炉やヒーターなどのいわゆる熱源は、消費するエネルギーも大きく、
省エネによる効果は大きくなる傾向があります。
加えて、放熱によって失う熱を抑えることで、消費エネルギーの低減と共に、
周囲の作業環境の改善、製品の精度向上などといった副次的な効果も期待できます。
この記事では、そんな「炉・ヒーター」の省エネ技術を特集しています。

特殊遮熱シート

輻射熱を反射して、熱源設備の放熱を抑制して作業環境改善&熱源の保温効果

輻射熱97%反射、5~30度の熱源温度上昇抑制

熱の移動は、(1)伝導熱、(2)対流熱、(3)輻射熱があり、形を変えながら起こる。輻射熱とは、物質に当たるまでは熱を発しないが、物に当たって熱を発生する性質を持つ。

熱源設備から出る熱、建物内へ侵入する熱を、輻射熱の状態で反射すれば、エネルギーコスト削減、室温の上昇を抑制できる。
輻射熱を反射するのが、遮熱シートである。

一方、断熱材は伝導熱を伝えてしまうため、熱を断つ性質は持っておらず、熱を吸収、蓄積すると言える。

本遮熱シートは、アルミ純度99%を使用した皮膜で、輻射熱を97%反射する。
又、厚さ0.2mmの超薄型を実現している。

燃料改質剤

燃費向上、環境負荷物質低減、メンテナンス費用軽減する石油系燃料専用改質剤

省エネ率 3~15%

植物性酵素の働きで分子重合の鎖を解き、燃焼しやすい単量体の分量を増加する。
同時に水分を消費し、難燃物である含有水分を低下させ、燃料に大量の酸素を取り込む。

その結果、燃料は燃焼に最も適した状態を保つようになり、燃焼の改善を実現するとともに、低温度での完全燃焼を達成する。

燃料内のスラッジ成分を分解溶解する効果により、燃焼系統、機関内部が清浄化結果、交換パーツの寿命延長、機関老朽化対策、メンテナンス費用削減を実現する。

断熱ジャケット

取り外しが簡単な断熱ジャケットを施工することで熱源の放熱を抑制する

燃料代削減、作業環境改善

ヘッダーやバルブ等は断熱材が巻きにくく、そこから熱の損失が起きるよなケースが多い。

また、高熱を発するバルブ、装置、機械類などによる火傷や衝突事故から働く人たちを安全に守る。
また、放散する熱量を防ぐことにより、室内の温度を低下させ、快適な労働環境を作ることができる。

なお、工場でつくられたマジックファスナータイプのジャケットを現場で簡単に取り付けられる構造で、短時間に現場作業が完了する。
したがって、メンテナンスなどの際の手間や断熱材のの張替えコストなどが削減できる。

全国の工場の省エネ事例集について

工場の環境・省エネ・設備担当者様限定で、工場省エネ対策.comのこれまでのノウハウが凝縮された「全国の工場の省エネ事例集」を無料進呈いたします。
当サイトに掲載し切れない数多くの事例が詰まったレポートですので、ご興味がおありの方はぜひ以下のバナーよりお申し込みください。

「全国の工場の省エネ事例集」のお申し込みはこちら