“工場換気”特集 ~環境対策・暑さ対策 従業員が安心して働くために~【工場省エネ対策.com通信 vol.27】

「必要換気量」は足りていますか?

工場換気とは?

工場換気を行う目的は、作業員の健康被害(ウイルスの滞留、熱中症、一酸化炭素中毒、酸素欠乏症、シンナー等の有機溶剤、特定化学物質による中毒など)を防ぐことです。
工場換気は、換気回数(≒必要換気)まで建築基準法で決まっており、自動車部品工場は20回、メッキ工場は30回、鋳造・鉛造工場も30回が目安となっています。
ただし、なかには、「必要換気量」が足りていないケースがあります。

5月に入り、だんだんと暑さが本格化してまいりました。
弊社では、毎年この時期になると真夏の工場内の暑さ対策に関するご相談をよくいただきます。
そこで、今回は、「真夏に向けてできる暑さ対策特集!」です。
暑さが本格化する前にぜひ実施していきましょう!
商材の体感サービスも実施していますのでお気軽にご相談ください!

「工場換気について相談したい!」「真夏に向けて暑さ対策について相談したい!」

という方は、ぜひ、お問い合わせください。

以下のフォームにて、「工場換気について相談したい」、または「暑さ対策について相談したい」とご記入ください。

 

お問い合わせはこちら