コンプレッサーの省エネ技術特集

コンプレッサーの省エネ技術特集

消費電力の大きいコンプレッサーの省エネ手法は、かねてから多く存在しており、
多くの工場でも試みがなされてきましたが、
この記事では、まだまだ知られていない「コンプレッサー」の省エネ技術を特集しています。

ネットワーク制御&自己診断

ネットワーク通信による集中制御と監視システムによる学習機能でコンプレッサの省エネ稼働を実現!

省エネ率 最大35%

分散設置された空気圧縮機を通信により集中制御、複数個所で発生するアンロードロスを軽減できる製品。
また、他の生産設備との通信制御により負荷予測以上の効果が期待できる。

さらに、コンプレッサの状態を常時監視、自己診断することにより、過去の使用量の変化から時刻単位での予備起動など予測制御をすることができる。
定速コンプレッサのみの場合は、最低圧力値の設定だけで自動的に制御上限、制御下限を変更し最適化、省エネの促進、コンプレッサの延命を図る。

上記イメージ画像のようにリアルタイムモニターにより、各制御盤に接続した機器の稼働状態をモニターすることも可能。

全国の工場の省エネ事例集について

工場の環境・省エネ・設備担当者様限定で、工場省エネ対策.comのこれまでのノウハウが凝縮された「全国の工場の省エネ事例集」を無料進呈いたします。
当サイトに掲載し切れない数多くの事例が詰まったレポートですので、ご興味がおありの方はぜひ以下のバナーよりお申し込みください。

「全国の工場の省エネ事例集」のお申し込みはこちら